他の日本語の先生とシェアしたい教材のコーナー


   日本語の先生で教材開発をなさっている先生には大きく分けて二つの種類の先生がいます。一つは、自分で教材開発をするのが好きでそれを何らかの形で出版して皆さんに使って頂きたいと考える方、もう一つはいろいろ教材開発をするけれども他の人には使わせずひたすら自分の物として確保しておきたい方です。私はどちらかというと前者の方で、以前はどこかの出版社から本やビデオの形で出されることが自分を表現する一番良い方法だと考えていました。でも、よく考えると、出版物として世に出るか否かは大学でテニュアを決める時業績として残るかどうか、自己満足を感じるか否かというだけのことに過ぎず、出版物という形で残らなくても今の時代はインターネットなどを通して他の方に自分が開発した教材を使ってもらうことが可能になってきました。そこで、現在どちらかの機関で日本語を教えていらっしゃる方で、御自分の開発なさった教材を他の先生に使ってもらいたい、そしていろいろコメントがもらいたいと考えていらっしゃる方がいらして、ホームページをお持ちでなく、私のホームページを利用したいとお思いの方のためにこのコーナーを設けました。掲載御希望の原稿をマッキントッシュ用のワープロでお作りになり、フロッピーに入れて私に送って頂ければ、できるだけ早い時期にこのコーナーに掲載したいと考えています。どんどん御応募下さい。フォントの大きさ、バックグラウンド、テキストの色、など御注文がございましたら、それらをはっきり御指定下さい。可能な限り御希望に沿う所存でございます。
(注:現在までのところ、読み教材に限らせて頂きます。コンピューター教材、視聴覚教材を保管する方法はまだ研究中ですので、それらは分かり次第お知らせ致します。)

カナダの高橋和比古先生から届いた読み教材

承諾書

怎Cジケビッチ
日本語のホームページに戻る