コピーライトフリー・オーディオ・ビジュアル・リソース・センターのお知らせ
(Copyright-free Audio-Visual Resource Center)
Announcement in English is on the bottom of the page


      静止画にせよビデオにせよ映像は常にコピーライトが問題になり、クラスで自由に使える映像は限られてしまいます。コピーライトを心配しないで教材として使えるものがあったらいいなと思うのは誰でも同じでしょう。それなら、自分でカメラを持ってビデオや写真を撮ってそれをみんなでシェアすればいいと考え、ワシントン・アンド・リー大学の東洋学部に「コピーライトフリー・オーディオ・ビジュアル・リソース・センター」(Copyright-free Audio-Visual Resource Center)なるものを作ろうと考え大学に研究費を申請しました。5年計画でクラスで使えるビデオと静止画を撮影してライブラリーを作り皆さんに自由に使って頂く、というのが主旨です。
   幸いワシントン・アンド・リー大学、Associated Colleges of the Southという機関、ミドルベリー大学の"Project 2001"という機関から助成金が下りて1998年と99年の夏東京近辺で静止画を撮りました。それは主にカタカナと漢字の読み方練習用の写真や日本の食べ物、店、町中のサインなどで、約680枚の写真がこのリソース・センターに入っています。リソース・センターにある写真の一部がこのページにあるので、ここからその写真をコピーなさりたい方は御自由にダウンロードして下さって結構です。また、ビデオの方は娘達の協力を得て前、うしろ、そば、横、中など場所の練習のためのビデオ「X(場所)にY(人/物)がいます/あります」、「Y(人/物)がX(場所)にいます/あります」と、何時にどんな行為をするか時間と動詞の練習をするためのビデオ「X時に何々をします」、動詞を練習するため初級レベルでよく使う動作を集めたビデオ、また許容使役のビデオを作成しました。また、東京書籍の御協力を得て、「ビデオ講座日本語」の中から第8巻ー第12巻のビデオの一部と「日常生活に見る日本の文化」の第1話と第9話の日本語版と英語版もこのリソース・センターに入っています。ビデオの方はメモリーの関係でホームページには入れられませんので、DVDの形でお渡ししています。
   現在までにリソース・センターに入っているのは、静止画が約680枚とビデオが約2時間半分です。ビデオを簡単に列挙すると、
  1.カタカナ読み方練習用ビデオ(約1時間分)
  2.「X(場所)にY(人/物)がいます/あります」(約15分)
  3.「X(時間)にY(動作)をします」(約15分)
  4.許容使役(約10分)
  5.基本動詞(約10分)
  6.時の表現「ところ」(約10分)
  7.東京書籍のビデオ(約30分) 
    8.「なかま」用の動詞のビデオ(約20分)
  9.「新日常生活に見る日本の文化」4本のビデオのサンプル(各最初の2分)
 リソース・センターから入手した映像を従来のVHSのビデオで学生に見せたい方はDVDに入っているディジタル化された映像をVHSにコピーすればそれが可能になります。コンピュータの後ろの映像と音声のアウトからVHSのインにケーブルを接続してコピーして下さい。もちろん画質が少々低下するかもしれませんが、いたしかたありません。
  リソース・センターの映像を御希望の方には、DVD1枚(カタカナ読み方練習用のビデオ、文法を教えるためのビデオ、と東京書籍のビデオのビデオ)と郵送料込みで15ドルでお渡ししています。小切手は"Washington and Lee University"宛で15ドルとお書き下さい。なお、このリソース・センターは営利目的ではありませんので、実費を頂いておりますが、主旨に賛同していくらか寄付してもいい、という方がいらしたら、15ドルに上乗せして頂くのは大歓迎です。その小切手を私宛に送って下さい。住所は:Ken Ujie, Dept. of EALL, Washington and Lee University, Lexington, Virginia, 24450, USA です。大幅に遅れましたが、2007年8月からDVD配布を開始しました。
また、東京書籍が作成したビデオのパンフレットを手に入れたい方はujiek@wlu.eduまでメールを下されば、郵送します。

静止画のサンプル
うどん

つまみ

"Copyright-free Audio-Visual Resource Center"

Copyright-free audio-visual teaching materials available

The Department of East Asian Languages and Literatures of Washington and Lee University established a Copyright-free Audio-Visual Resource Center for teachers of Japanese in 1998 with the support of Washington and Lee University, The Associated Colleges of the South, and Middlebury College's Project 2001.
The Resource Center consists of digitized videos and still pictures that can be used by teachers of Japanese. Digitized images are for class use and developing teaching materials of your own. All the images are copyright-free, can be used freely by teacchers. All the images are on one DVD. Videos contain images for teaching certain grammar and for katakana reading practice. There are approximately 680 still pictures of various sorts. The cost of the complete materials is $15.00, including postage. For further information, go to http://home.wlu.edu/~ujiek/slide.html and contact Ken Ujie(ujiek@wlu.edu).
Please write a check to Washington and Lee University and mail it to Ken Ujie, Dept. of EALL, Washington and Lee University, Lexington, VA 24450

List of teaching materials that are already digitized, compressed and stored at the Copyright-free Audio-Visual Resource Center:
Videos
A: For teaching grammar:Home-made movies
1. Basic Verbs(15 minutes)
2. X(place) ni Y(thing/person) ga arimasu/imasu (15 minutes)
3. Time ni X(action) o shimasu (15 minutes)
4. Permissive Causative (10 minutes)
5. Expression of Time (Tokoro)(10 minutes)

B:For teaching grammar:Video Clips from Tokyo Shoseki's "Video-Cued Structural Drills:No.8 - No.12)(30minutes)

C: For practicing Katakana reading (1 hours)

D: For teaching Japanese culture:Video Clips from Tokyo Shoseki's "Safe and Sound in Japan"(Lessons 1 & 9) both in Japanese and English(30 minutes)

E: Verbs for メNakamaモ (20 minutes)

∪イジケビッチ
「ケン・イジケビッチのホームページ」に戻る