Sushi Matsumoto

In August, 2006, for the first time in Lexington's history, a sushi bar opened on Main Street. The bar is called Sushi Matsumoto and Sam Matsumoto is the sushi chef. He came to the United States in the 1970s and had worked in New York, Washington DC and Virginia Beach before opening the Sushi bar in 2006. For the first time he is running his own shop.
2006年8月史上初めてレキシントン市のメインストリートに寿司バーが開店しました.寿司バーの名前は「寿司松本」でオーナーは寿司職人のサム松本氏です.松本氏は1980年代にアメリカに来て,以来ニューヨークやワシントンDCやバージニアビーチで修行を重ね,2006年に自分の店を開店しました。

According to Sam, American people love rolls (Maki-zushi) and 80 % of what he makes every day is rolls. But, most Japanese people like Nigiri and so do I. The one I like most is Sushi Deluxe. It has 10 pieces of nigiri and 1 California roll. As you can see from the photo, they are 2 pieces of salmon, shrimp and yellowtail (bottom row from left to right), unagi, white tuna, seabass, 2 pieces of regular tuna, and squid (middle row) and 6 pieces of California roll (top).

松本氏によると、アメリカ人は巻き寿司が好きで、注文の80%は巻き寿司だそうです。しかし、大部分の日本人は握り鮨が好きで、イジケビッチも例外ではありません。イジケビッチの好物は「寿司デラックス」で握りが10貫とカリフォルニア巻きが入っています。下の写真でお分かりのように、鮭2貫、海老、はまち、穴子、ホワイトツナ、すずき、まぐろ2貫、いかとカリフォルニア巻きです。

  Ms. Reiko Oiso, a friend of Ijikevich, who lives near Lexington, loves the "Dragon Roll". This roll is a good combination of water eel, avocado and tobiko (fish roe). Ijikevich opens his own Izakaya called "Meitei-tei" to his friends at his home on Friday evenings. He used to make nigiri-zushi only, but lately thanks to Sam Matsumoto's influence, he makes his own "Dragon Roll".
イジケビッチの友人に、レキシントンの近くに住んでいらっしゃる大磯麗子さんという女性がいらっしゃいます。麗子さんは、「ドラゴンロール」がことのほかお気に入りで、食べに行く度にそれを注文します。真ん中にカリフォルニアロールがあり、外側に穴子、アボカド、とびこの絶妙な組み合わせを楽しむことが出来ます。イジケビッチは毎週金曜日に自宅で主に日本人の友人のために「酩酊亭」という居酒屋をオープンします。以前は握り寿司だけでしたが、最近松本氏の影響でドラゴンロールなどの巻き寿司も作ります。しかし、まだ裏巻きの技術が未熟でいまいちです。

Ms. Oiso also frequently orders "Rainbow Roll" (below). It consists of tuna, salmon, white tuna, shrimp and white fish such as seabass (Suzuki in Japanese)and bream(Tai). She doesn't eat much, but she enjoys eating a little bit of everything. Ijikevich, who although he is well above 50 years old eats three packs of ramen noodles with lots of fried veges on top for lunch, can eat lots of sushi when he goes with Reiko-san.
麗子さんは「レインボウロール」を注文するのも忘れません。まぐろ、鮭、ホワイトツナ、海老とすずきや鯛などの白身の魚がのっています。麗子さんはあまり召し上がりませんが、いろいろ異なるお寿司を少しずつ楽しみます。五十路後半なのに毎日昼御飯にラーメン3袋を煮て、野菜炒めをその上に乗せて食べるという巨大な胃袋の持ち主のイジケビッチは、寿司バーでもその本領をいかんなく発揮して、残ったものを片っ端から片付けて行きます。「あら、注文したお寿司が余ってしまうのじゃないかしら」という不安げな表情の麗子さんの心配など知らぬげにイジケビッチはあっという間にすべてをたいらげてしまいます。支払いをすべて麗子さんに任せて、食べるだけ食べて「御馳走様でした。とても美味しかったです」と言って店を後にするイジケビッチは、一体何様なんでしょうか?

Philadelphia is famous for cream cheese and in one roll, Sam uses cream cheese. It is called a Philadelphia roll (below) and is made of avocado, salmon, cucumber and scallions. Japanese people may think it strange to have cheese in sushi, but the Philadelphia roll is surprisingly tasty to Japanese people.
フィラデルフィアはクリームチーズで有名ですが、「フィラデルフィアロール」という巻き寿司には、そのクリームチーズとアボカド、鮭、きゅうりとねぎが入っています。クリ-ムチ-ズの入った寿司なんてと思う日本人が多いかも知れませんが、意外に美味しいです。

The photo above has both nigiri-zushi and rolls. As you can see from the photo, the nigiri consists of (from the top) squid, smoked salmon and yellowtail. There are two different kinds of rolls. One is a "spicy tuna roll", (located right below yellowtail), and the other kind is a "caterpillar roll", which is made of yellowtail, water eel, avocado and cucumber with a nice sauce on top.
上の写真には握りと巻き寿司があります。握りは、いか、薫製の鮭とはまちです。はまちの下に見える巻き寿司は「スパイシーツナロール」でコチュジャンを使った辛味の効いた香辛料とまぐろの組み合わせが抜群で美味です。ソースのようなものがかかったのは「キャタピラーロール」で穴子、はまち、アボカド、レタスときゅうりが入っています。


Sam's family is involved in helping to run every aspect of the shop. His wife comes in to help him when Washington and Lee University is not in session and many of the waitresses leave for vacation. One of his sons works as a cook and sometimes as a waiter. They are all nice people.
「寿司松本」はオーナーの松本氏が板前として腕をふるうだけではなく、御家族がいろいろな面でオーナーをサポートしています。ワシントン・アンド・リー大学が休みでウェイトレスが家に帰った時に奥さんがお店に来て手伝いをしたり、息子さんの一人がコックとして、あるいは時にはウェイターとしてお父さんを手伝ったりしています。皆さんとても素敵な方々です。

Sushi Matsumoto hires many people and one of them is Kyoko-san. Each week she comes all the way from Roanoke, Tuesday through Friday to help, to help the shop at lunch time and also during times when student waitresses are not available due to exams.
 「寿司松本」ではいろいろな人が仕事をしています。車で約1時間のところにあるローアノークKに住んでいらっしゃる恭子さんもその一人で、火曜から金曜のお昼やテストなどで学生のウェイトレスが働けない時などにお店を手伝っています。

「寿司松本」で食べられる他の寿司の写真
「イジケビッチのホームページ」に戻る